topimage

2012-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Water Gun D - 2012.09.30 Sun


今回の水鉄砲は今までの中で一番小さいWaterGun D。
今までのものと違いネジで左右に分解できます。


その他にもいろいろなパーツが糊づけされているみたいだったので、注意深く分解をしてみます。
そして自作の塗装ブースに並べてみます。



十分にやすりがけした後に、下塗装をてから黒の艶消しアクリルラッカースプレーをいつものように吹きつけました。


この状態でとりあえず仮組みをしてみます。なんか木炭っぽいですね。


前回は2色で大きく塗り分けたのですが、今回はちょっといろいろと塗ってみました。
4色使いです。Gold LeafとAntique Goldは並べないほうがよかったかも。






左右にばらした状態やパーツごとに塗装すると、組み上げたときの色のバランスがおかしくなりました。
いちど仮組みした時に塗装すればよかったかもです。



今回の作業に使った道具
ブロックやすり
紙やすり
サーフェイサースプレー
艶消し黒スプレー塗料
艶消しクリアスプレー塗料
マスキングテープ
 
Rub'n BUFF
 Gold Leaf
 Antique Gold
 Spanish Copper
 Pewter

10月1日画像追加
スポンサーサイト

錠前とチャームに挑戦 - 2012.09.27 Thu


ジェルネイルで一度作成して、失敗したので今回はきちんと
UVレジンを買ってきて再挑戦。
素材はSereaで購入した錠です。
このくぼみ部分に歯車をレジンで封じ込めてそれらしくするのが目標。

素材のBefore
Lock Before

UVレジンを薄く塗っては歯車を置き、UVで硬化を繰り返すこと3回。
こんな風に仕上がりました。
Lock After

以前は1層だけで薄く仕上げることに目標を置いて制作したら貧相になっちゃたので、今回はちょっと重ねて6枚ギアバージョンです。

歯車はUS Amazonで購入したもので、この歯車以外にもたくさん入っていましたよ。
そのままだと中心にまだ軸が装着されているために、レジンに封じ込めるには軸を抜いて平坦にする必要がありました。
先が細いラジオペンチで軸をつかんであとは歯車をもう一つの手でぐりぐりとするとポロっと取れます。
歯車を強くつかみすぎると歯車が折れてしまい、2つが犠牲になりました。くやしい。
Lock4

UVレジンと一緒にチャーム枠を買ったので、それに歯車をどどーんと20枚おごりました。
4-5層にすると奥行も出て豪華感が満載です。やはりたくさん使うと格好いいですね。
Charm

このチャームはカバンのファスナーの引き手部分に使おうと思います。
あといくつか作ろう。

今回の作業に使った道具
スーパーレジンUVクリスタル - Angeというメーカーのもの
UVライト - ジェルネイル用のものを流用 

Water Gun A - 2012.09.22 Sat


前回に引き続き、今回もダイソーで購入したWaterGun A。
s-IMG_3731.jpg

大まかな作業は前回のWaterGun Gと同じですが、今回は塗装にAutumn GoldとAntique Goldをメインに使いました。
また塗装禿げを演出するために艶消し塗装前にスポンジやすりであちらこちらを削ってみたのですが、ちょっと削りすぎちゃったかも。
塗装以外の変更点としては全体が曲面、曲線で構成された銃なので、なんとなく違和感があるなと思っていた引き金の下にあった直線のブリッジ部分を取ってみました。
すっきりした反面、ちょっとバランスが微妙?

s-IMG_3766.jpg
s-IMG_3770.jpg

艶消しクリアラッカーを最終仕上げとして塗りましたが、アドバイスを頂き何度も薄く塗装したためか塗りを侵すことはなかったみたいです。
使用した塗料はアサヒペンのラッカースプレーで超速乾タイプで屋内外の鉄製品・木製品に使える万能タイプというものです。 ツヤ消しクリアラッカー

s-IMG_3768.jpg

ホルスターに入れると仮定して、出し入れの時に一番擦れそうな場所をスポンジやすりで磨いてみたのですが、削りすぎたかも。
s-IMG_3770.jpg

ダイソーさんのタグとともに全体撮影です。
s-IMG_3774.jpg

今回の作業に使った道具
ブロックやすり
紙やすり
サーフェイサースプレー
艶消し黒スプレー塗料
艶消しクリアスプレー塗料
 
Rub'n BUFF
 Autumn Gold グリップ部、上部、先端部
 Antique Gold 中央部
 Pewter タンクの栓、トリガー
マスキングテープ

9月23日ラッカースプレー追記 

Steampunk風のゲーム - 2012.09.20 Thu

自宅にあるスチームパンク系のものを探していたら本棚の隅に埃をかぶっていたMYST IV REVELATIONを発見。
これはMYSTシリーズ4作目のゲームで1、2作目もプレイした筈なんだけど見つからず。きっと捨てちゃったんでしょうね。 なぜ3作目を飛ばして4作目を購入したのかは今となっては謎です。

1作目のスクリーンショットです。
realmyst

Win7マシンには無事にインストールできたものの、ワイド画面に対応させるべく設定の画面にいくとワイド横長の解像度の設定がありません。
発売された当時はパソコンの画面はすべからく3:4のサイズでそれ以外は想像もできなかったのでしょうね。
デスクトップパソコンでは横に引き伸ばされた形でしかプレイできず、あきらめきれずにノートパソコンに入れてみると自動的に左右に黒い帯が付いてアスペクト比が正しく表示されました。

認証のためにプレイ中はDVDを入れておかなくてはならないシステムなので、DVDをイメージで抜出してDaemonでマウントしようと思ったら、DVDのイメージが抜けません・・・
素直にDVDドライブを付けたまま自宅でのプレイになっちゃいました。

ジャンル的には謎解きアドベンチャー(?)で乱暴に言うとFLASHなんかでよくある脱出ゲームです。もちろん部屋に閉じこもっているわけではなく、あちらこちらに移動しながらアイテムをゲットしてストーリーを進めるのですが、出てくるアイテムや建物がスチームパンク風です。

パソコンのゲームってOSの互換性が保障されているわけではないから、Windows95や98対応のゲームをいつまでも遊びたかったら、そのパソコンを保存しなくてはならないのがちょっとつらいですね。
Win7やWin8に95や98のエミュレーターってあるのかしら。

情報を入手すべきネット散策していたら、iPadやiPhone版があるのを発見。
まずは無料版をゲットしてみます。

MYST Myst at AppStore

当記事内のMystの画像は米国Cyan World社の著作物です。

Water Gun G - 2012.09.17 Mon


Steampunk愛好家のサイトを見てみるとどうやら水鉄砲をSteamPunkっぽく着色するのが流行しているみたいなので、本番(?)のNerfの着色に取り掛かる前に私もやってみようと思います。

素材になるのはダイソーで購入したWaterGun G。
WGG Before1

まずは分解できる所を外して、全体をやすりがけします。
使ったやすりはスポンジ付きのやすりで、ネールのつやだしに使うブロックネイルバファーに似ています。
細かい隙間は松尾棒のようにした紙やすりで磨きます。
一度中性洗剤で下洗いした後によく乾燥させ、下地としてサーフェイサーをスプレーしその後に艶消し黒をスプレーします。

Rub'n Buffを使っての塗装ではマスキングを少しやってみました。でも適当だったので勢いよく塗っていたらうっかりとはみ出すところが。
Spanish Copperに少しGold Leafが乗っかった時にはSpanish Cupperのほうが色が濃いらしく、上塗りでごまかすことができました。
塗装には化粧用のパフを使いますが、油性のRubi'n Buffと相性が悪いらしく塗装中にポロポロ崩れます。
細かい塗りには綿棒を使いました。綿棒が塗料を吸ってぽっちゃりと塗れてしまうことがあるので要注意です。

そしてこれが現在のところの完成形です。あちらこちらの甘い塗りは一作目ということもあり、これで自己満足してます。
WGG After1

グリップの塗りのへたくそ加減をごまかした別角度からの画像は
WGG After2

でもやっぱり反省のためと今後の課題のために悪いサンプルもアップ。グリップ部の画像は
WGG After3
どうしても気になる塗り残し部分は後日綿棒にて修復予定です。

ダイソーさんのタグとともに全体撮影です。
WGG After4

あと3種類の水鉄砲がまだあるので、頑張ります。


今回の作業に使った道具
ブロックやすり
紙やすり
サーフェイサースプレー
艶消し黒スプレー塗料
Rub'n BUFF
 Silver Leaf タンク部分
 Pewter グリップ部分アクセントとトリガー
 Gold Leaf 本体と先端
 Spanish Copper タンクホルダーと前部
 Ruby グリップ部分
マスキングテープ

更なる改造プラン
 タンク部へ文字を入れる
艶消し クリアスプレーを吹く

次回の課題
 さらなる継ぎ目隠し(今回はタンク部のつなぎ目がとくにうまく消せなかったです)
細かい修正を綿棒以外でできないか検討

画像加工について - 2012.09.17 Mon

最近のデジカメカメラや携帯カメラはさまざまな情報を画像に組み入れてくれるんだけど、それが却って邪魔なことがあります。そこでファイルをドラッグするだけでExifデータを消すことのできる便利なツールを使って削除します。

ExifEraser Vectorからダウンロード

またサイズの縮小や加工をWebベースでしたいときにはこちらのサイトを使わせてもらってます。このBLOGのタイトルイメージも自分で撮影した画像をこのサイトのツールで制作しました。

pixlr Photo editor online - Pixlr.com edit image 

BLOGの編集に役に立つツールやサイトはこのBLOGツールに追加していきます。

スチームパンク始めました - 2012.09.17 Mon

アメリカのスーパーに立ち寄ったところNerf(ナーフ)という子供用の銃のおもちゃを見つけました。
日本でも売っているみたいですがeBayで探したときになんと素敵な改造銃が多数出品されていて大変な驚きと同時になんか嵌るいやな予感が。

たしかに、アニメでは「ふしぎの海のナディア」「快傑蒸気探偵団」それに宮崎アニメの「カリオストロの城」の歯車での追っかけシーンや「ラピュタ」も大好きですし、ゲーム「サクラ大戦」にも結構はまりました。

ウェブで色々と見ていたら、小物はもとよりファッションや生活までどっぷりと身を置かれている方もいるようで、なかなかディープな趣味のようです。

ファッションは自信がないので、工作好きとして色々と小物を作ってみようと思います。このBLOGは多分その報告とメモになりそうな予感です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (31)
銃 (11)
小物 (17)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。