topimage

2017-07

スチームパンク風携帯音匣(追記) - 2016.03.30 Wed

いろいろと部品を買い足し、小改造を行った結果、最終的な形になりました。


まずは後ろ側にしかなかった電源スイッチを前面にも並行して持ってきました。
筐体材質が厚めのMDFだったのでスイッチの取り付けが困難なことが
予想され、ならば薄めの板に付けちゃえと思い、MDFはごっそり削って
真鍮のパネルに装着。

そしてスイッチガードを付けたためにボリュームノブが回しにくくなってしまった
改善案として、ボリュームも1cmぐらい中央部に寄せました。


次にメインパネル部分。

元々は6つの押しボタンが並んでいたので気軽に配線しようと思ったところ
2つの壁が立ちはだかります。

まずは押しボタンの代わりに使おうと思っていた跳ね返り式のトグルスイッチが
秋葉原で売ってなかった。 でも同じ店舗でネット通販では買うことができたので
6つ入手。

次に配線。 電源スイッチと同じように現存回路と並行で配線すればいいかな、
6つのスイッチだから共通線含めて7本の配線だね、楽勝だと思っていたら
何と配線は2本だけ!予想とはちょっと違ったアナログ入力の様子。
テスターを持ち出して抵抗値を測り、手持ちで足りなかった抵抗を買い足して
空中配線で解決。

一番大変だったのがUSBとmicroSD用の四角い穴開け加工です。
取り急ぎイベントでの展示には間に合わせたかったので、文字は手書き。
そしてマイナスネジで固定。

スチームパンク風に演出するために、銀色にメッキされていたトグルスイッチ類は
鑢で剥がし、薬剤で黒っぽく染めると完成。

イベントでは結構皆様に画像を撮っていただき、フォトジェニックな作品と
なりました。
次に作ることが有れば、パネルを格好良く作ってみたいですね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://steambrassandgear.blog.fc2.com/tb.php/102-7d7fc0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「深化」潜入完了 «  | BLOG TOP |  » スチームパンク風携帯音匣

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (32)
銃 (11)
小物 (18)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する