topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「深化」潜入完了 - 2016.10.14 Fri

帝都東京が多くのスチームパンカーで溢れる蒸気週間に重なって、関西でのご祝儀にお呼ばれしました。
内心ムムムと成りながらも、この時に行くしかないと巷で噂の潜水艦バー「深化」への潜入計画立案開始。

この「深化」は自分の中で勝手に決めた三大スチームパンクBARの一つであり、すでに恵比寿の「BAR ICHI ICHI」と西荻窪の「Bar 88BASE」は訪問済み。残るべく最後のBARに行けるチャンスだと思いまずは調査。
訪問した皆さんが異口同音に「場所がわかりにくい・・」とのこと。そこでグーグルストリートを使って予習を万全に。

営業時間になり、谷町六丁目を降りて予習した場所に近づく。
昼間の画像とは違うのでわかるかなとドキドキしながら行くとカップルが狭い路地の前で相談中。
なるほど狭い袋小路の突き当りにぼんやり光る扉が。

さて扉を開いてあの夢の世界へと扉に手をかけると、なんと引き戸。驚きの先制パンチがここから始まった。

中は6人ぐらいの小上がりのスペースと6名のバーカウンター。
そして中は一面の配管と計器。バーにふさわしい薄暗い照明と明滅する光。

マスターの後ろには配電盤らしいモノと壁掛け式の黒電話! 
電話はなんと現行利用されており、呼び出しには懐かしいベルの音が響き渡る。
配電盤に取り付けられた電流計をよく見ていると、それぞれ不規則に指針が動いている!


さらに左手には舷窓のようなものが3つ。しかもこちらも明かりが柔らかく明滅して雰囲気を盛り上げる。


小上がりはカウンターよりさらに暗く、数十秒周期で明滅する赤いライトが非常イメージを醸し出し、いけない危ない雰囲気をより一層演出している。


このバーで潜水艦イメージを一番押し出しているのがトイレ。
小さな密室であることと多くの配管、舷窓越しの青い光など、より潜水艦感が現れている。
それになんといってもこのトイレへの入り方が一番楽しくむつかしい。
これはぜひ直接行って迷って楽しんでほしい。


3つのスチームパンクBARを制覇できたのだけど、4つ目はどこにできるのか今から楽しみだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://steambrassandgear.blog.fc2.com/tb.php/104-21cb3c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スチームパンク風携帯音匣 第4弾 音匣単 «  | BLOG TOP |  » スチームパンク風携帯音匣(追記)

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (31)
銃 (11)
小物 (17)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。