topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボード制作 その2 - 2012.10.02 Tue


次にキーボード自体の塗装です。前後しますがこれが改造のもとになった
ハッピーハックキーボードLite2Macです。 中古で買いましたので心おきなく改造できました。


以前キーボードを塗装した方の失敗談を元に、キーが擦れる場所に塗装が入らないようにマスキングをします。
このキーの数でも面倒だと思うのに、104キーボードなんて改造できるのかしら。


サーフェーサーを塗った後に艶消し黒のラッカースプレーで全体を塗りあげます。


アクセントの金色を周りのベゼル部分に塗ろうと思い、今回の作業で一番大変なマスキング作業。
細かい隙間のマスキングも、その部分にスプレーを当てるのも結構大変でした。


ここでマスキングを剥がしてみます。上面の白い部分が目立ちそうなので最終的にはマジックで塗りつぶす予定です。


切り出したキー基台をつけてみます。まるで虫歯だらけの子供の口の中のようです。
右下の矢印キーをどうしようかまだ考えているところだったので、ここはまだ完全に虫歯の状態です。



UVレジンを塗った自作キートップを貼り付けます。海外サイトによると窓枠と窓ガラスを固定するシリコンシーラントを使っているようでしたが、もともとスクラップブッキング用小物だったため最初からついていたと両面テープをとりあえず使ってみます。あまりにはがれが激しいようだったら改めて接着しようと思います。


矢印キーも何とか隙間が確保できそうだったので結局同じキートップをつけることにしました。


スペースバーがまだ白いままだったことを思い出し、黒地に金枠の塗装をしてバランスをとることに。
一番上のキーの基台部分をマジックで塗ってみました。このほうが落ち着いた感じになりますね。
USBケーブルをつけるときには全部のキーを塗ってみます。



-続きます
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://steambrassandgear.blog.fc2.com/tb.php/14-e75e34e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キーボード制作 その3 «  | BLOG TOP |  » キーボード制作 その1

プロフィール

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (31)
銃 (11)
小物 (17)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。