topimage

2017-08

キーボード制作 その3 - 2012.10.04 Thu


今回の記事でとりあえずのキーボード制作第一弾は完了です。
やり残していたUSBケーブルの交換をしてみました。
まずは最初にくっついていた白いUSBケーブルがこれです。


どうしてもカールコードにしたくって秋葉原を探しまわったのですが4芯+シールドの物が全然見当たりません。
というかまずカールコードが全然ありませんでした。ガード下の大変怪しい、もとい趣のあるお店にぶら下がっているのを何とか発見。ただし5芯でシールドがないとのこと。
ノイズで信号がおかしくなるかもしれないというリスク込みでまずはこれで作ってみました。ケーブルの両端にコネクターを半田して出来上がりです。多分今までの工程で一番楽な作業でしたね。


Windowsマシンしか持ってないので全部のキーの動作は確認できませんでしたが多分大丈夫でしょう。次の案としてはタイピングの邪魔にならない場所にゲージと真鍮パイプなどをアレンジしようと思ってます。秋葉原で30000円程度の一体型iMacが売られているのだけど、これと組み合わせてみたいものです。Mac触ったことないですけどね。

改造前、改造後の画像を並べてみると、同じキーボードとは思えない趣になりましたね。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ハッピーハッキングキーボード!

うおー!かなり格好よくなりましたね!
私も秋葉原で見かけたんですがハッピーハッキングキーボード、かなりお安く手に入るようなので私もぜひやってみたいです!
すごく素敵ですね〜。

初コメントありがとうございます。
現在Windows用のキーボードの制作開始と、このHHCにどうやってスチームタンクをくっつけるか思案中なんですよ。
スチームタンクをレジンで作るかどうかが最大の悩みPOINTです。

革シートや木目シートを活用したりするのもいいかもしれませんねー。
こちらはマイクロソフトのキーボードをスチームパンク化されてる記事ですが、参考にしようと思ってます。
http://mbsupport.dip.jp/mb/review021.htm
まだメタリック塗料はRub'N Buffしか持っていないので、まずはゴールドのスプレーから調達です…。

MSのキーボードはHHCとおなじメンブレン式ですね。
キーをそのままで色だけを変えるならかなり成功しやすいと思います。
塗装の肝はやはり、薄く何度も根気よくですね。なかなか難しいです。
ちなみに今回の金色スプレーはダイソーのメタリックゴールド210円でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://steambrassandgear.blog.fc2.com/tb.php/15-1aa1173b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Walter Gun E «  | BLOG TOP |  » キーボード制作 その2

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (32)
銃 (11)
小物 (18)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する