topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散弾銃スタイルのNERF 改造 - 2014.07.20 Sun

トイザラス限定販売らしい2連装のショットガンのような形のNerfを
調達しておりました。 テガミバチのザジが持っているようなやつです。

改造前の画像を取り忘れたのでネットで探していたところDLできる画像が
有りました。よかった。

これの格好いいところは、トリガーの上にあるレバーを下げると銃身部分が前進し
折れたところに弾を込めると同時に発射に使う空気を圧搾してためるという
ギミックがあることです。
まずはいつも通り全部を真っ黒に塗装します。

今回のオーバーテクノロジー要素としては左右に蒸気タンクとゲージ、
それに水準器をつかったクラウディア機関の様な装飾を構想しました。
まずは100均の水鉄砲のタンク部分とタンク装着根元部分を銃に接着。
アクリル樹脂を使って土台を延長しています。

上から見るとこんな感じ。

前から見るとこんな感じになります。

TwitterでフォローさせていただいているフリスクPさんのアイデアなのですが、
100均で売られている半球のデコシールがリベットの用に使えるとのことで
早速金色スプレーで塗装した後に黒く塗った銃に装着してみます。

タンク部分にも


次に水準器のパーツを使った装飾です。

カツラという手芸用部品を水準器の末端に装着し、アクリル樹脂で作ったL字パイプを
それにくっつけています。 これだけをいくつも並べてみたい気もします。

早速塗装をした銃に接着。

タンク部分から生えているコルゲートチューブの中には曲がりを保持するための
アルミ線と隙間を埋めるシリコンチューブが入っています。そしていつものダミーゲージ。

チューブがボディに戻る場所の近くに少し配管を追加。
でもタンクの陰に隠れてほとんど見えないけど、自己満足です。


銃身は水道管の部品を使って1cmぐらい延長しています。
はい、これもフリスクPさんご紹介の猫用ゴーグルの部品です。


上から見るとこんな感じ。


前回作ったiPhoneケースのときにアクリル樹脂を使ってパーツを作ったことの
応用でパーツを幾つか作ったことはなかなかいい経験でした。
そして相変わらずの出っ張りの多い銃になってしまったためホルスターの制作は断念。
暫くは銃の制作は中止かなと思っていたら、旅行の自分のお土産に4丁もNerf買っちゃった。
いつ塗るの。。。












スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://steambrassandgear.blog.fc2.com/tb.php/82-f09a9b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DE Selection スチームパンクキャラバンに参加いたします。 «  | BLOG TOP |  » 6月月報

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (33)
銃 (11)
小物 (18)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。