topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スチームパンク風ヘッドフォン参号機、肆号機 - 2015.10.12 Mon

今回のヘッドフォンの改造はパイプやバルブと圧力計の様なものを
ハウジングに装飾しました。
また、ヘッドフォン自体をファッションアクセサリー的に使えるように
ケーブルを着脱式にし改造を試みました。

ヘッドフォンを購入するときに最近注意している点は、改造後にレトロ感が
出るようにハウジング部とヘッドバンド部分がワイヤーで繋がっているものを
選んでいます。また塗装がしやすいような素材や構造であることも大事です。
ただ通販で買う場合はそのあたりが分かりにくいのである意味賭けですね。

まずは参号機
中ぐらいの大きさのヘッドフォンを選びました。


分解塗装したあと、装飾して再度組み立て。

右耳側にはゲージを2種類装飾。またリベットの雰囲気を出すために
いつもの塗装を施したラインストーンで飾り付けます。


左耳側には蒸気タンクとバルブをイメージした装飾を。
またケーブルが着脱できるようにジャックを付けています。


装着するとこのような感じです。


ケーブルを外して首に掛けるとこのようなイメージになります。

次に肆号機
やや小さめのヘッドフォンを選んでみました。
参号機はヘッドバンド部分が合皮でしたが、こちらは樹脂のままです。


今回は左右同じような装飾を施しています。


圧力計と水位計というイメージで作りました。
水位計は着色した樹脂をアクリルパイプに流し込んで固めたものなので
水漏れは起こしません。

装着イメージはこちらです。



伍号機を作ることが有ったら今度はヘッドバンド部分からハウジングに
パイプを伸ばして見たいなと思いました。

今回面倒だったのは着脱式にしたのでヘッドフォン側のジャックの装着と
それにつながるケーブルのプラグ加工でした。プラグに重い部品を使うと
その重量でケーブルが抜けてしまう気がして小さく手軽い物を探したところ
なかなか無く、見つけられたら加工が結構面倒だったりしました。
でも自分としては満足できる仕上がりだと思っています。




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://steambrassandgear.blog.fc2.com/tb.php/96-ea20e0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チェキ リペイント スチームパンク風 «  | BLOG TOP |  » iOS アプリレビュー:Steam Tools

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (32)
銃 (11)
小物 (18)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。