topimage

2017-09

チェキ リペイント スチームパンク風 - 2015.12.04 Fri

以前もmini7モデルをリペイントしましたが、今回は安く入手できた
mini10モデルをリペイントしてみました。

もちろん分解して塗装なので一切の保証はなくなってしまいますが
1998年発売でとっくに終売になっているので心おきなく作業開始。

分解時には隠れているネジと、プラスチックのハマり具合に気をつけて
丁寧に分解です。分解することでそれぞれ部品ごとに塗装ができ
マスキングしなくても塗り分けのメリハリが上手くつきます。そんな気がします。

部品を壊したり無くしても大丈夫なように2つ用意しました。
案の定、塗装乾燥時に突風が吹き小さな部品が行方不明。
そして完成。
一番苦労したのは銀色っぽい塗装を丁寧に紙やすりで剥がしたところ。
妙に入り組んでいてうまく紙やすりが入らない個所が何箇所か。
3回目の黒い塗装でようやく残っている銀色も隠れて真鍮色と銅色の
2トーンで仕上げました。

前回のmini7モデルは左右にストラップ穴が無かったためにキャリングケースを
作らなくてはならなかったのですが、今回は左右についているので
ストラップの用意だけで何とかなりそうですね。




iOS アプリレビュー:Steam Tools - 2015.09.09 Wed

iOS_01 (1)

Steam Tools
カテゴリー:ユーティリティ
価格:120円
言語:英語
機能:コンパス、移動記録、水準器、磁力計、場所記録の5つのツールがセットになったユーティリティ。
お勧め度:A

機能解説

メニュー画面
iOS_01 (4)
アイコンをクリックすると各ツールへのメニュー画面が現れます。
上からコンパス、トラッカー、マルチツール、テスラメーター、ファインダー。
(i)マークを押すと各ツールの簡単な説明画面に移ります。
iOS_01 (1)

メニューの順番に各ツールの解説をしていきます。
まずはコンパス(Compass)
iOS_01 (6)
中央部に方位磁針が現れ北を指す針が現れます。
すぐ下には真北を0、真南を180とした角度表示が数字で表されてます。
また緯度、経度、高度、移動スピードが数字表示されています。
南緯、西経になった時にはどのような表示になるか未確認。
高度と移動スピードの単位はたぶんメートルと時速かな。
左上にあるアイコンでメイン画面に戻ります。以下ツール画面からメインに戻るときは同じです。

次に移動記録(Tracker)
iOS_01 (8)
これはいまいち不安定かつ使い方が分かりにくいツールですね。
基本的には移動したルートをマップの上に航跡のように残していく地図ツールです。
たまに取得座標が狂うみたいで、ロシアに飛んで戻ってくるというような瞬間移動の記録が残ってしまいます。
あとはPLAYと左右ボタンの使い方が全然わからなかったです。

水準器(Multi Tool)
iOS_01 (9)
直線型の水準器を組み合わせてドーム型にしているような感じです。
前後の傾き(Y)と左右の傾き(X) の角度を数字で表示しています。
数値の表示がニキシー管風でないのが残念。

磁力計(Tesla Meter)
iOS_01 (10)
一番不思議なツール。青いプラズマの様なものがドーナツリングの中でぐるぐる回っている表示。
すぐ下には磁力(?)を数字で表示。単位は分かりません。
さらにTX,TY,TZそれぞれに5レベルのインジケーターが装備。たぶんそれぞれの軸方向からの磁力強度かも知れません。
壊れるのを覚悟でネオジウム磁石をゆっくり近づけると数字がどんどん上昇。
TX,TY,TZのインジケーターもたまに動くけど磁石との距離の関連性が弱いです。

場所記録(Finder)
iOS_01 (12)
コンパスとよく似た画面ですが、記録した場所への方向と距離を表示します。
駐車場で車を停めた場所を記録しておき、車を探すときに使ったり、
行きたい場所の経度緯度を入力しておきナビゲーションとして使うことを想定しているようです。
場所追加(AddPos)で経度緯度を入力する画面に移動できます。またその場所に名前を付けることができ保存されます。
場所の名前入力には日本語も可能でした。。消す場合には(Erase Pos)ボタンを押します。
現在地を使う場合にはGet Current Positionを押すことで簡単に緯度経度を入力できます。

私のスチームパンクマインドをくすぐる点
- いつでも流れているギアの動作音。また画面遷移時の蒸気噴出音の演出が特に最高。
- 一部の数字表示がニキシー管風。しかも手前にある数字が明るく、後ろにある文字は暗い表示。
また後ろにある文字の表示時にはその前にある文字の影まで演出されている。
- 画面が上下左右にスライドして遷移するが、スライド方向に合ったギアがきちんと動くこと。
iOS_01 (13)

あとがき
スチームパンクを意識したiOSのアプリを集めて解説しているサイトを以前より探していたのですが
どうにも見つからないので自分でアプリの解説紹介をしてみようと思いました。
少しでもスチームパンクファンのお役に立つことができればとれもうれしいです。
他に素敵なアプリが有ればぜひぜひ教えてくださいね。
それではHappy Steampunk!

画像、商標等はそれぞれの権利者に属します。
価格は2015年7月現在の物です。
アプリのインストール等によるiPhoneの不具合等については責任を負いかねます。
お勧め度は絶対評価、相対評価ではなくその日の気分によるものです。

1月月報 - 2015.02.17 Tue

暫くアップデートをするのを忘れていたリストの更新

小道具
NURFガンを改造。                        8月に完了 キャラバンで展示。

キーボード
 昔のタイプライターのキーを使った116KEYの大きい奴  未完成 部品は調達済み
 フレキシブル基板がやられたHHKのキーを作製中。    ダミーキーボードにするか、他に移植するか考え注

アクセサリー
 革バングル 歯車付き                    部品は調達済み。アイデアなし
 光る真空管ペンダント                    8月完了 キャラバンで販売。
 光る真空管USBメモリもどき                8月完了 キャラバンで販売。改造依頼あり。
 蒸気カチューシャ
ファッション小物
 コルセット(連れが制作開始したらしい)           1月完了
 ゴーグル 多連レンズ                     3月完了
 ムジカピッコリーに出てきたヘッドフォン           1月完了
 手拭い                           <NEW!
  デザインもともかく、ロットと価格を調査中

蒸氣雪隠
 紙の筒を着々と収集中                    進んでない!以前と変わらず。やばい。暫く棚上げ

蒸気噴射式飛行装置 - 2014.11.15 Sat

スチームパンクガジェッターなら誰でも(?)夢見る背負い式の蒸気飛行装置。
アニメのスチームボーイや映画のロケッティア、またロスオリンピック開会式での
ロケットマンなど噴射式の飛行装置は様々な形で紹介されてきていました。

以前からぜひ作りたいと思っていたところ出会ったのがPEPSIの1.5Lペットボトル。
何と途中で一度くびれているためこれを巧く使うと2つのボトルの重ね合わせができ
また肩の部分のアールもタンクっぽく理想的ということで製作開始。

まずは2つのPETボトルを巧く切って口の部分を落とし、頭になる片方の穴を樹脂で埋めます。
これには100均で買ったアクリルパウダーを利用。

ノズル部分は豆乳のPETボトルが少し小さくいい感じだったので利用。
ちょうどよい大きさの雨どい支持具を見つけたのでこれで本体部分に固定することに。

本体部分は背負子の様にパイプでフレーム作ってそれにタンクや制御箱を
装着する予定なのでまずはパイプを切り出し、背負子部とタンクの金具を接続する部品の制作。
パイプをこの様に並べて背負子に。


背負子部の左右から前方に腕を出しハンドルの様な操縦桿をつけ、親指部に
蒸気のオンオフスイッチをつける。ここでどのようにして煙の様なものを噴出させるか悩みました。
1) ドライアイス。 大量に出るのと重いので下に流れるのは良いのだけど、入手方法と
オンオフのコントロールが難問。
2) 電子煙草。 大量に出るのはよいけど、圧力をどうかけるか。圧力を掛けると同時にどうやって
スイッチを入れるかが難しそう。圧力は埃を払うエアダスターを考慮。
3) 加湿器。 USBの超音波式。 若干噴出量が少ないのが悩みの種。

今回はまず形にしたかったので3番の加湿器を使った方法で実施。
大きな壁に当たったのは水漏れ。超音波発生素子に水の圧力がかかる形であるため
最終的にシリコーンを大量に盛って素子を直接固定することでクリア。
スタイロフォームをドーナツ状に切り出して水供給のための小さめのPETボトルをタンク部に
固定する。


次に制御箱の製作。今回は外回りから製作したため大きさの制約がかなりあります。
Seriaで購入した箱も、十分に開けることができないためラッチを使って全部が取れる形に改造。
100均のバッテリーチェッカーのメーターを加湿器のパイロットランプと直列に接続して
蒸気の噴出中に振れるように抵抗値を調整。
そのほかに水量計もどきのパイプと7色に自動的に変化するLEDを組み込んで制御箱の完成。


制御箱からは操縦桿への配線と、超音波素子への配線を左右2組接続。そして完成。




和装スチームパンク麗人のNatsukoさんの撮影会に使っていただきました。
素晴らしい画像はカメラマンのりおるさんから別途Twitterなどにアップしていただけると思います。



今回の反省点。
やはり設計図は書いておくべき。そのせいでバッテリーの交換やメインスイッチのオンオフのときには
タンクを外さなくてはならないという極悪なメンテナンス性になってしまった。
次回はやはりエアダスター+電子煙草の組み合わせでモクモクを狙いたいです。









作り手集会案 - 2014.08.15 Fri

画像もなくtwitterでお知らせするでもなくちょっと思ったことを
メモ代わりに書きとめておきます。

今までの座談会でも同じようなことをして来ていたのだけど、より作り手に
焦点に合わせた寄り合いができないかと画策中。
今後の座談会でもカバーできれば特別な寄りあいをする必要もないですけど。

参加形態
 できればひとつのトピックに対して全員参加。
 どんどん発言してもいいし、聞き手に周ってもいい。
 基本的に否定意見はない方向で。
 人の意見を元にどんどん飛躍するのも楽しいがタイムキーパー必要。

トピックの種類
 完成品
  作り手:工夫した点、苦労した点、改良したい点、あきらめた点などの披露。
       世界観を語るもよし。
  参加者:自分が知っている解決方法の提示。 世界観への質問等。
 部品
  展示手:部品を使っての今後作りたいもの。
       何かに使おうと思って買ったが使わずじまいの部品披露
 工作方法
  苦労している店、工具の使い方、部品の調達方法。等。 

まずは小さなグループでスタートして、ゆくゆくはパネルディスカッションや
  フォーラム的にできればもっとみんながスチームパンク工作が楽しく
  なるんじゃないのかな。

なんてちょっと今思っている構想を書きとめ書きとめ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (33)
銃 (11)
小物 (18)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する