topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回 スチームパンク座談会に参加しました。 - 2014.09.14 Sun

会を重ねて第9回のスチームパンク座談会がともこなさんの主催で
御徒町駅近くの喫茶店で行われました。
ぶるっくすという昔ながらの喫茶店の情緒を残し、そして大量のコミックが
置かれている素敵なお店でマスターもとても素敵な方でした。

さて今回の制作物は蛸型電子煙草供給装置。
みなさんが電子煙草を嗜んでいるのに興味を持ち自分でも使い始めたところ
本家シーシャには複数の人で楽しめるものがあると知り
テーブルや車座になった真ん中に置いて4人ぐらいで楽しめる装置があれば
素敵だなと思い製作開始。

複数の人へ供給するとなると何本ものパイプが出るわけで
そしてこれはスチームパンク風なわけで となり
では蛸型にするのが一番良いかなと塩ビ管で適当な大きさの物を見積もって
とりあえずは切って穴を開けてみました。

今回は設計図なしに適当にパイプを買ってきてザクザクと切断。


蛸の様に8本足で、うち4本は吸い口用、残りを足とすることに決めていたのですが
本体側に並べて4本の接続は難しいので互い違いの高さにすることに決定。
長い足2本と短い脚2本。そして眼の位置にメーター装着予定。


穴を開けて仮組みした後に下地の黒塗装。


頭の部分は半球の部品をつかい、何枚かの板で構成されているように
見せかけるためホットボンドを使った溶接痕とリベット風味のデコ。
アップで写すと某ロボットアニメの敵側の水陸両用機動兵器の様。


完成形をきれいに撮影していただいたので許可を得て画像を使わせていただきました。



元画像はSionYodogawaさんのFacebookページにあります。

受けるかどうか心配していましたが、結構人気がありました。
怪しい人々によるテイスティング中。
スターウォーズの酒場の様子っぽくなっています。
今回はアップル、ピーチ、グレープフルーツとオレンジのリキッドを使用しましたが
メーカーによって味がかなり違うようです。
私が購入したのはベストプライスショップさん。


ヨゼフさんのすてきな電子煙草ケース。
フルートのC足部管をつかっていて、キーを押すと中にあるスイッチが押されるという
お洒落仕様。とても素敵なアイデアです。


白いペストマスクを装着された和装蒸気麗人。
とても欲しそうでした。


会場の一角は武器展示場と化していました。
プロの方から塗装方法や鏨の使い方などいろいろと教えていただきました。


なんだか電子煙草の行商人の様になってしまった今回の座談会。
なんとか銃に仕込んで硝煙の代わりにグリセリンの蒸気を演出させたいところです。
お開きの後は深夜から開催される宴に参加される方たちもおり、散会となりました。
主催のともこなさん、いつもありがとうございます。

One More Thing.

御徒町にネイルやエステ用品を販売されているお店があり、そこで購入した
ジェルネイル用の筆立ての穴をリーマーで無理やり広げて煙草立てを
今日作りました。これは簡単ですのでお勧めです。

携帯式降魔探知盤 - 2014.07.21 Mon

たいそうな名前を付けてみましたが、ポケットプラズマとそのケースです。
ずっと探していたポケットプラズマのオレンジ色を発見し即購入。

持っていた青や緑の物との比較はこんな感じです。

個人的にはスチパンは暖色系だと思うのですよ。

ネタ帳に書きとめていた設計図。
これをもとに革を切ったり張ったりしてケースにします。縫うスキルがないために
ヌメ革を型押しして膨らませたり、カシメでつないだりする予定です。

ザクザクと革を切ったところ。

型押しで膨らませた革についているぼこぼこ模様は我が家の駐車場の
コンクリートの模様です。そう、型押しするのに車で踏みました。

制作途中の画像を取るのを忘れてしまいましたが、こんな感じになりました。
ガードっぽいの物はパソコンのファンガード。ボルトはブラスチックのボルトで
革に小さめの穴を開けて強引に木ネジのようにネジを立てながらの装着です。

横から見た感じ。

背面はベルトループを付けてあります。

光ったところ。

この横向きでもいい感じです。
革道具作家さんにも見ていただき、新たなヒントや工作のノウハウを教えていただいたので
次回作には応用したいと思います。

伍つ眼ゴーグル - 2014.03.30 Sun

2連と3連のレンズを入手できたのでいつもの溶接用ゴーグルを使って
スチームパンク風ゴーグルの作成。

以前は簡単に海外通販で来たものの、最近は輸出の条件が変わったのか
ガラス物を日本に送ってもらえなくなっています。ゴーグルもレンズも
手に入りにくくなって大変です。

端切れ革をゴーグルの周りに貼り付けて装飾を開始。
歯車で穴を塞いだ後に、定番のホースバンドを使ってバンドに
レンズのピンチ部分を挟むことにします。

ただピンチ部分のバネが思ったより弱く簡単に外れてしまうことを発見。

仕方がないので分解して直接ホースバンドにネジ留めを決行。

ホースバンドは銀色なので今回はメッキして色付けをします。
そして分解してパーツとして利用するピンチ部分は燻し液で
色を変えてつかいます。


今回着脱の方法としてだるまひっかけを使ってみたくて
浅草橋のMKで購入。メッキを磨いてみると真鍮色にならない・・・
これはどうやら鉄ぽいので熱して変色させてみることに。

サイズが20mmのものが最小だがベルトは12mm。

仕方がないのでちょっとだけ工夫を。


こんな感じで幅の違いを吸収してカシメてみました。
長さの調節は線コキをつかっています。

これが完成形。ゴーグルケースも欲しいところ。

残念ながらいまのところ余っているヌメ革がないので
今度調達してから考えてみます。

真空管ペンダントトップ2 - 2014.01.18 Sat



試作した真空管ペンダントですが、電池収納部がアクリルパイプだったため
ネジを切るとちょっと弱い感じがしたので内径8mm外形10mmの真鍮パイプに変更。
これでスイッチがついた蓋部分とのネジ留めがちょっとは強くなったと思います。
2mmのネジを使っているのでネジ山が低くまだ締め付けすぎには注意が必要ですが。

電池自体が約8mmあるので8.2mmのドリルを新たに購入してパイプの中を
ちょっとだけ広げておきます。
またそのまま2個の電池を入れるとショートしてしまうので電池2つを重ねたあとに
マスキングテープで側面を固定することにしました。

試作は黄色と赤色それぞれ3つずつ作製し、4人にお渡しし使い勝手などを聞かせて
もらいました。今回はちょっと自分としてはスチームパンクっぽくないと思うの
ですけど緑と青を追加。 
あとで友人から紫の注文をされたけど、ちょっとそれは今後の課題です。

角型LEDをつかっているので電池収納の真鍮パイプと接触しないようにその部分を
アクリル樹脂でコーティングすることに。


周りに綺麗にくっつけるために8mmの真鍮棒をガイドにしてマスキングテープを巧く使い
アクリル樹脂をぽたぽた付けます。
真鍮パイプ内部にも回りこむことが有るので後で掃除も必須。


写真ではわからないのですけど、光ったときの色がわかるように配線の
色をLEDの色と合わせています。

次回作の電池ケースは専門家に外注したほうがいいかもしれませんね・・・



蒸気工場工員用ゴーグル付きハンチング - 2013.10.23 Wed

アウトレットで仕入れたバナリパの鳥打帽に以前作ったゴーグルを
組み合わせて工場の工員用の帽子を作ってみました。



ゴーグルのベルトを切ってピンズでハンチングに留めてあります。
ピンズはガシャポンで買った物を分解してTIM HOLTSの歯車に
半田でくっつけてみました。



ベルトの長さは変えられないけど、このまま中央の固定ベルトを
外して眼鏡のように駆けることもできます。



革のハンチングでもっとそれっぽくしてみたかったのですが
綿と麻の混紡でもそれなりですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

とし

Author:とし
昔から好きだったジャンルがどうやら「スチームパンク」という名称を持っていることを知り、さらに好きな気持ちが加速中。
スチームパンク風味のゲームやアニメ、小説を楽しむだけでなく生来の工作好きが高じて自分でいろいろと小物を作り始めています。
まだまだスキルが未熟なので市販品ベースの改造が主ですが本格的な金属加工や革細工が夢です。
錬成機械工業という屋号で細々と製作をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログツール (1)
その他 (31)
銃 (11)
小物 (17)
鍵盤 (12)
未分類 (0)
買ったもの (7)
ニキシー管 (4)
創作メモ (4)
モニター (1)
イベント (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。